肌のくすみを改善する方法を考える

今日は肌のくすみのことを書いています。どういう対策ができるかということも含めて、気になることがありましたので。どうもこの季節になってきて乾燥してるなって思ってたのですが、乾燥ってくすみの原因にもなるそうですね。
基底層で生まれた新しい細胞は約28日間もの月日をかけて角層へと上がっていき、最後には垢(あか)となって剥がれ落ちるという仕組みだ。健やかな肉体、すなわちバランスの良い栄養が摂れているか、質の良い睡眠を充分にとれているか、適度な運動などで代謝をあげているか、上手にストレス発散できているか、など、健康的な日常に比例して作り上げられるものだと思う。レバーがダメでもレンズ豆(乾)や高野豆腐、ひじき、シジミなどでも鉄分は多めに含まれているので、コチラも意識的に摂ると良いだろう。うまくごまかせてるのかもしれないけど、着実に減ってきてますから。これらの油分と界面活性剤、水の配合量などが変わると、オイルタイプやクリームタイプなどの形状に分けられる仕組みになっているという。シミの種類によっては化粧品で薄くしたり消すこともできるらしいのだが、どうやら私のシミには効果がないようだ。また付属していたローションで導入したときよりも、ビタミンC誘導体の化粧水を使用した時の方が特にシミがやや薄くなる感じがする。何となく調子が悪く病気に少し傾いているような気がした時に、早めに適切な対処をしていれば、病気の数をグッと減らすことができるという考え方。
さてシミもくすみも紫外線が原因の一つにはなるようですが、なんとか改善したいものです。